効率化

もう間違わない!校正チェックで誤字脱字を劇的に減らすやり方を解説

こんにちは!

  • 校正チェックは何をするの?
  • 校正チェックで気をつけるポイントは?
  • ミスを減らしたい

という疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

ねこさん
ねこさん
校正チェックってどこを見ていけばいいのかな?
かえるくん
かえるくん
気をつけるポイントがあるんだよ!

誤字脱字をチェックしていてもミスをしてしまう事がありますよね。自分では何回も見て確認したはずなのに抜けていたなんて事もあったりします!

ミスをすると「やってしまった~」と自信もなくなってきてしまいます。

おどたま
おどたま
印刷直前に見つけた時の冷や汗の量といったらほんとヤバいですよね(笑)

これから紹介する方法で校正チェックをしていることで誤字脱字などのミスを減らすことができました!今回の記事は気持ちよくデザインができるように校正チェックで誤字脱字を劇的に減らすポイントを解説して教えます!

この記事を読み校正する時のポイントを覚えておけばミスを減らせますし、細かい所にも気を向けられるようになるのでデザインのクオリティもアップしていけます!

間違えやすい所をみる

かえるくん
かえるくん
よく間違えてしまう部分は要チェック!
ねこさん
ねこさん
同じミスはしないようにね!

内容にもよりますが間違えやすい部分を把握しておくとミスは少なくなります!例えば、求人広告の場合は【時給】【日給】が逆になっていたりして【時給8000円】と破格の金額になります!(笑)

コピペで似た内容の部分を作成しているとこういうミスが出やすくなります。漢字を変換する時に区切って変換した場合にも誤変換が発生しやすくなります。

例) 社会保険 → 社会保健
【しゃかい】と【ほけん】を別々で変換して気づかないケースもあります!

言葉として読むと発音もいっしょなので気づかなかったりします!読み方はいっしょだけど、漢字によって意味が違ってしまう部分は注意しましょう!

そして画面で確認するだけでなく必ずプリントアウトして確認しましょう!紙にプリントする事で視認性が上がり間違いに気づきやすくなります。

先入観を捨ててみる

かえるくん
かえるくん
思い込みは一番の敵だ!
ねこさん
ねこさん
これは大事だね!

先入観によって見落としがある事も往々にしてあります!

  • 前回と同じだから合っているだろう
  • 大きく目立つ所は間違えてないだろう
  • 他の人も見てるから大丈夫だろう
  • さっき見たからいいだろう

前回からデータを流用して作った場合、流用した部分はチェックしなくても大丈夫だろうとさらっと確認していると抜けやズレがあったりします!前回のデータを使ってもすべてチェックする事!大きく目立つ部分はけっこう盲点だったりします!

この先入観は厄介で私も経験があるのでよくわかりますが、「間違ってない」と信じ切っているために見てるようで見てないんですね!自分以外にも確認している人がいるから大きな間違いは気づくだろうと思っているとあぶないですよ!

他の人が見ていても常に自分が確認するという意識は忘れないようにしましょう!今では一つ一つ確実にチェックするようにしていますので、間違いにも気づきやすくなってます。

時間がある時は時間を置いてから客観的に確認するのも効果的です。

おどたま
おどたま
客観的に見るようにすると、作ってすぐの時には気づかなかった部分に気づける事もあります!

念入りにチェックする

かえるくん
かえるくん
重要部分は何回も確認!
ねこさん
ねこさん
念入りにね!!

間違ったら取返しのつかない部分は特に何回も見直して確認しましょう!間違う時は面倒だと思ってざっと見てしまう時になりやすいものです!
もし間違ったまま印刷されてしまって刷り直しになってしまったら、自分の給料以上の損害になる場合もあります!ガクブルものです!(笑)

ですが、それを気にしすぎて何回も不安になって確認しすぎていても疲弊してしまいます。ポイントを押さえて確認していれば大丈夫です!が、常にそれぐらいの責任感をもって確認する事を心得ておきましょう!

  • 金額等の数字
  • 日付
  • 曜日
  • タイトル
  • 名前

数字は特に間違えやすいです!0が多かったり抜けていたりする事がけっこうあります!桁数が多い時は1つ1つ数を数えましょう!日付と曜日がズレるとどっちが本当なのかわからなくなるので、カレンダーで年月日を確認するようにしましょう!

タイトルは1番目立つ広告の顔なので確認は念入りにしましょう!

ぷろねこ
ぷろねこ
人物や商品名の間違いも絶対に間違ってはいけない部分なので念には念を入れて確認するように!

読まずに1つ1つ見る

かえるくん
かえるくん
読まずに見ることも大事!
ねこさん
ねこさん
形として捉えるのね

文章として読むと間違いに気づきにくい場合が多いです。脳が勝手に知っている文章で読んでしまうので脱字があっても読めてしまうので見逃してしまうんですね!脳内補完ってすごい機能です!でも校正では邪魔になりますね!(笑)
他にも見ているのに見ていない状態になる脳の機能もあるので確実に見ていく意識が必要です!

校正の時は文として読まずに単語で区切ったり、文字を1つ1つ見るようにして確認しましょう!指差し確認や声に出して確認するのも効果的です!意識を1つ1つに向けるって事ですね!

複数人でチェックも効果的

かえるくん
かえるくん
複数人チェックも取り入れよう!
ねこさん
ねこさん
ミスを大幅に防げるね!

他の人の間違いは意外と見つけやすかったりします。自分で作成したものはやはり確認したつもりになっている事もあります!
複数人のチェックの心得としては自分が間違えを見つけるつもりで確認しましょう!

ベテランの人が確認した後だから大丈夫って事はありません!見逃す時はベテランでも見逃すのです!そのための複数人でのチェックです!
なので初心者だからといって遠慮せずにミスがあったらガンガン指摘していきましょう!

読み合わせといった二人一組で行って確認する作業もあります!一人が読み上げてもう一人がチェックするという形で、チェックリストになければ抜けているのがわかります。

私たちは人間なので複数人でチェックしていても間違う事もあります!

おどたま
おどたま
毎回新しい気持ちで1つ1つ確認していくようにしよう!

まとめ

確認作業って思うと事務的な事だと感じるかもしれませんが、作品を完璧にするためのクリエイティブな作業なので意識を高くもってやりましょう!ただ間違っているんじゃないかとずっと不安でいると余裕がなくなってしまいます。

間違えてはいけない部分は念入りにして、あとはちょっと余裕を持つ方が案外見つけられる事もありますよ!
心がけ次第で劇的にミスを減らせますので、ポイントを忘れずにチェックするようにしましょう!

もしミスをしてしまったら「次から気をつけよう」と強く感じると思います。一度ミスをした部分は注意深くなるので同じミスが少なくなります。観察力も上がりますので前向きにとらえていきましょう!

おどたま
おどたま
落ち着いて1つ1つ確認すれば大丈夫!

みなさまに少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!