効率化

効率を上げるための秘策!初心者デザイナーもすぐ使える上手な手抜き術

こんにちは!

  • 仕事を早く終わらせたい!
  • 効率を上げる方法をもっと知りたいな
  • 完璧な仕事とは?

というようなお悩みを解決する記事になっています。

「やることが多くて仕事が終わらないぃー!」という初心者デザイナーさん!
もしかしたら仕事を完璧にやろうと頑張っていませんか?もちろん完璧に仕事をこなすことは大切です!

おどたま
おどたま
実は、上手に手抜きをすることで効率よく仕事を進められるんです!
私もよく手抜きをしてますよー(笑)

そして仕事なので「手を抜いて仕事をしたなんて自分で許せない!」「全力でやりました!」と言い切りたいですよね!大丈夫です!手抜きといっても雑にやる事ではないですよ!!雑にやると怒られます(笑)

今回は初心者デザイナーさんにもわかりやすく上手に手抜きをする考え方を伝授します。これから紹介する方法を実践したことで十分な成果を出しつつも、早く仕事ができるようになっていきます!

「上手な手抜き」とは何かを解説しつつ、効率よく仕事をするにはどうすればいいかを具体的に解説していきます。【ベストな手抜き】をして仕事が早くなる術を知れば、効率も上がりますし自分も楽になりますよ!

完璧にしなくていい!

最初はやはり全部完璧にやろうと細かい所までこだわってしまいます。もちろんそういう意志は大事です!私も意識してないと「こうしたらもっと良くなりそうだ!」とか、つい作り込んでいっちゃいますね!(笑)

でも作り込んでしまっていると時間がどんどん無くなっていって、残業しなくてはいけないほどに作業が詰まってしまします!

ここはポイントで【ある程度完璧にする】という所に落ち着けるようにします!

おどたま
おどたま
つまり【達成したい成果】になっていればいいという事です!

この【達成したい成果】が見通せるようになると仕事の全体も把握しやすくなりますので、その仕事は【何を目的としているのか?】を知れば、その目的が達成できるデザインに落とし込みやすくなりますよね!

すべてを全力の完璧にやろうすると時間もかかるので、効率を考えてやるならばある程度こそ完璧であると言えますね!プロとしての心構えとして、時間や作業量を意識して仕事を進めるようにしていきましょう!

ぷろねこ
ぷろねこ
その仕事の目的と成果を常に意識することが大切ね

コストを意識する!

なんでもかんでも時間をかけてクオリティの高いデザインを仕上げようとしていると、実はその仕事の金額に見合ってない働きをしている事もあります。

ざっくりですが例えば、時給が800円だとして5000円の仕事に対して8時間使ったとしたら、自分の人件費のほうが上回ってしまいますよね!赤字になっちゃいます!
仕事に対する金額を意識するようにしましょう!

  • どのくらいの時間を使うのか
  • どこまで作り込むのか

とはいえ最初のうちは「そんなに早くできないよ~」となっちゃいますよね!でも意識していると変わっていけるので大事ですよ!ただあんまり意識しすぎて雑にならないように注意です!

思ったように作業が進まなくて焦って作ってしまうとクオリティも下がってしまうので、結果的にやり直しになってしまったら余計に遅くなってしまいます。

おどたま
おどたま
初めのうちは意識はしているけども落ち着いて1つ1つ丁寧にするように心がけましょう!

ある程度慣れてきたら、その仕事にかけられる時間からクオリティを考えていくようにします!もちろん早くてクオリティが高い方がいいですが、自分の技術力も安売りしないって事ですね!
スピードとクオリティを考えて普段からこなせるようになれれば十分な技術力も身についていくでしょう!

無駄な事はしない!

よく仕事が終わらないと感じるときは、何か無駄な事をしているかを一度確認したほうがいいかもしれませんよ!今やっている事が本当に必要なものかを判断していきましょう!
けっこうやってしまいがちなのは【一応】です!

  • 一応やっておく
  • 一応多めにしておく
  • 一応準備する

など【一応】でやると余分に作業が増えてしまいます。

おどたま
おどたま
気持ちはわかります!私も【一応】はよくやってました!(笑)
「これが違った時のために一応作っておこう」とかやっていたら、かなり無駄になってました。

またやらなくていいようなことを上司から理不尽にやらされる時もたまにあります!たまに!(笑) でもやらなくていいとわかっているというのは自分で見通せているということなので、【できる人】になっていけます!

中には必要な【一応】もあると思いますが、その【一応】が本当に必要なのかどうかを見極めてやるようにしましょう!

0から作らなくてもいい!

すべての事を0から作るという事はそこまでないかもしれないですが、それが以前に似たようなものが作られているのかわからない事もあると思います。

グラフや資料、地図データ、素材などはもしかしたら会社のデータベースに使えるものがあるかもしれません。

これらを把握しておくのも業務の1つとして、時間が空いている時などに上司にちょっと聞いてみたり、自分で漁ってみるといいですよ!

以前作ったデザインでいいと思ったものがあったら、軽い画像データなどにして一覧で見れるようにしておくと、0から考えるよりデザインも組みやすくなりますよ!

過去にやったことがあるものからアレンジして、新しいものに見えるようにする技術も身につけておくとかなり楽に早く仕事がこなせるようになりますよ!

言い方は悪いですが、デザインをパクって自分のものにする感じです!以外にも自分の知らないテクニックや表現があるので、参考にもなるし自分の技術のアップにもなるので、始めのうちは見習ってみるのもいいと思います。

デザインのレイアウトなどもローテーションで使えるようなパターンをいくつか作っておいて、それをベースにデザインしていけば後はそこに要素を入れ込むだけ、というように自分のデータベースを構築しておく事も効率アップになります!

おどたま
おどたま
毎回考えなくていいという手抜き術です!考えなくていいというルーティーンがあると効率アップに繋がるので、ちょこちょこ作っていくといいと思います!

仕組みを作る!

上手な手抜きには仕組みを作ることもオススメです!一回仕組みを作っておくと手間を減らせるので効率を上げられます。

例えば、

  • 素材データの共有化
  • デザインベースの作成
  • 作成物の一覧

素材データの共有化をすることでいちいち他の人が使った素材をもらって使う手間が省けますので、社内ネットワークで共有できると便利です!素材を作ったり、ダウンロードしてきたらその都度まとめておくようにしましょう!

レイアウトのデザインベースを作成しておくことで、後はデザインの装飾と内容を変えるだけである程度のデザインが作れるようにしておきます。ある程度ベースができているとデザインがしやすいので作っておくと便利です。

他のデザイナーが作成したものを把握できてない所も多いようで、知っていればもっと効率よく進められる案件もあるのでできれば一覧で見れるような仕組みがあるといいです!

手抜きをしないポイント!

作り込みはしないほうが効率はよくなりますが、やはり手抜きをしてはダメな部分もあります。作り込みすぎず、手を抜いてないというバランスが大事です!デザイン全体に手抜き感が出ていると「なんか良くない」って感じが出ちゃいます!

なので、例えばタイトルだけはしっかり作り込んで凝ったデザインにするとか、見出しを少しこだわったデザインにしてみるというように、ポイントを決めて作り込めば時間もそこまでかかりませんし、いい感じに見えます!

要所要所で作り込む所を決めて全体のクオリティアップをしていきます!ちょっとしたポイントの作り方が上手くなると、デザインの作業スピードも上げることができるので覚えていきましょう!

ぷろねこ
ぷろねこ
やる時はやるというメリハリを持つように意識していきましょう

まとめ

仕事をしていると「もっとこうしたい!」という想いもたくさん出てくると思います。

おどたま
おどたま
仕事で完璧にできた事ってあまりないんですよね!【達成】はできたけど【完璧】じゃないって事はよくあります!

いつでも気持ちとしては「こうしたら良くなる」っていう部分がありますが、それができるタイミングもきます!そうしようと思っていたこともストックとしておき、使える時に使っていくといいでしょう!

あんまりやりたくはない経験ですが、ハードワークを経験すると何がムダなのかがよくわかるようになります(笑)とにかく「早く終わらせたい!」となってきますので無駄な事は極力しない意識がめっちゃ働くんですね!(笑)

手を抜くべき所を知っていると、やる時はやる!やらない時はやらない!とその時々で見極められますので効率も良くなります!手を抜けるという事は【完璧】を知っているということです!そして、いざという時は【完璧】にできるようにツメを研いでいきましょう!!

みなさまに少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!